イギリス公立カレッジ連盟
イギリス留学・英国留学のお問い合わせはこちら
イギリスについて
イギリス留学の魅力
イギリス公立カレッジ連盟について
会社概要

イギリス留学中大樹さんのブログ

イギリス留学中のYukaさんのブログ

公立カレッジって何?

イギリスが作った公立カレッジ

アメリカとカナダのコミュニティ・カレッジやオーストラリアのTAFEはイギリスの公立カレッジが元になっています。なぜならこれらの国はイギリスから独立して100年(アメリカは250年)位なので、イギリスの教育システムが基準になっています。

イギリスの専門学校+職業訓練コース+短大+公立高校
初心者からプロフェッショナルまで、状況や目的に応じた公的資格取得プログラムがある
国家資格制度が確立されており、専門コースから大学への進学・編入ルートが用意されている
特にアート&デザイン分野のプログラムが充実。学習環境もよく整っている
フラワーアレンジメント、ガーデニング、ビューティセラピー、アロマセラピー、イングリッシュクラフト(刺しゅう、レース)関連などイギリスのお家芸を学べる
第一線で活躍するプロの指導や豊富な実地研修により、授業内容の密度が濃い
公立高校(A-Level)では、留学生も16才から入れます。2年制です。

就職に結びつく継続教育を提供

イギリスでは職業専門的な指導を行う教育を継続教育(Further Education)といいます。継続教育は大学でも提供されていますが主に学べるのが、公立カレッジや私立の専門学校です。
現在、継続教育プログラムを提供する学校は国内に300校ぐらいあり、考えられる職業のほとんどについてプログラムが設けられています(医学と薬学は大学以上です)。
その業界の経験者が講師を務めているのが一般的で、高度かつ実践的な力を身に付けることができます。

大学3年の2年分を学べます

アカデミックコースでは大学3年のうち2年分を学べるHNC・HNDコースがあります。

公立カレッジ

公立カレッジは日本語でいうと総合専門学校+短大になります。日本の多くの専門学校のように1校1分野ではなく、1校が、ビジネス、アート&デザイン、ホスピタリティー、料理、美容・理容、コンピューターなど、約800もの幅広い分野の教育をカバーしているのが特徴です。
専門学校のレベルの資格だけでなく、大学レベルの資格(HNDやFoundation Degree)取得のプログラムも用意されており、さらに、留学生を対象とした一般英語コースや、大学などへの進学を目指す人を対象とした大学進学準備コース(International Foundation)も設けられています。

カレッジで選ぶコツ

留学生を対象としている一般英語コース(EFL)が用意してあるかを見ます。専門分野を学びながら、さらに時間をとって英語力を高めることが出来ます。逆に最初は英語コースで学び、十分に英語力がついたところで正規のコースを取ることもできますので、臨機応変に専門技術と英語力を身に付けられます。
プログラム内容にあまり差がなくて選択に迷ったら、生活してみたい地域や町、学校の規模、授業料、滞在形態など、自分が気になるポイントに絞って比較してみましょう。特にロケーションは長期留学する人には大事な条件のひとつです。
昔からある有名なカレッジでも留学生を受け入れなれている学校とそうでない学校があります。なるべく定期的に世界中の留学生を受け入れているカレッジがお薦めです。また留学生の大学進学率が良いところは授業内容の質が一般的にいいと言われています。
「イギリス公立カレッジ連盟」HOMEへ戻る UP

さまざまな留学コース
留学生の生活
知っておくと便利!
イギリス公立カレッジ連盟 日本事務局(株)ADF 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘27-1 エグゼクティブ渋谷 305号室
TEL:03-5428-0307 FAX:03-3462-6500
Copyright (C) イギリス留学・英国留学のイギリス公立カレッジ連盟 All rights reserved.
Copyright (C) 2011 ADF Inc. All Rights Reserved.