イギリス公立カレッジ連盟
イギリス留学・英国留学のお問い合わせはこちら
イギリスについて
イギリス留学の魅力
イギリス公立カレッジ連盟について
会社概要

イギリス留学中大樹さんのブログ

イギリス留学中のYukaさんのブログ

ビザサポート

イギリス学生ビザのルールが緊急改正されました(2015年春)

イギリスの学生ビザ、就労制限と必要英語レベル改定
学生ビザ(Tier 4)のルール改定がイギリスのボーダーエージェンシー(移民局)から2015年春に発表されました。
学生ビザ(Tier 4)を申請して、イギリス留学を計画されている方は、頻繁にルールの確認をお勧めいたします。
今回は、4つの大きな変更がありました。就労制限と必要最低英語レベルの変更などです。
移民局ホームページはこちら

1 〈バイト制限〉
英語コース(EFL)への留学を目的とされる方は留学期間中のバイトは、大学(3年制)と大学院(1年制)のみ出来ます。語学スクールと公立カレッジは出来なくなりました。

2 〈扶養家族〉
留学生の扶養家族は、就労ができないことになりました。

3 〈親子留学〉
6か月以内のコース受講の場合、お子さん(扶養家族)を連れての留学はできないことになりました。但し、お子さんが私立インターナショナルに留学して、お母さんが公立カレッジに入ることは出来ます。

4 〈留学必要英語レベル〉
学位習得や学位前のpre-sessionalコース受講以外の方は、ビザ取得に必要な最低英語レベルはIELTS4.0以上の英語力が必要になりました。他の英語レベルテスト(TOEFL、TOEICなど)では英国学生ビザの取得は出来なくなりました。詳しくはお問い合わせください。

■英語力が低い場合の英国留学■
次のステップを参考にしてください。
イギリスに11ヶ月未満のstudent visitorビザで留学をして、英語コース(EFL)を受講して、その間にIELTS 4.0〜5.0レベルを取得します。
☆☆IELTS4.0〜5.0を取得したら、一度帰国し、学生ビザ(Tier 4)を取得してください。 その後に再び留学して、EFLや専門コースあるいは大学院のコース受講を6ヶ月〜1年間の留学する事になります。
☆☆☆お助け特急英語レベルアップ留学でレベルを上られます。
毎日、マンツーマンレッスン4時間+グループレッスン3時間で超格安の4週間14万2千円(学費+3食付き学生寮費)こちらです

■就労の制限■
なお、4月6日より一部の教育機関を除いて、学位習得レベル以下の留学のワークエクプレイスメント(職業実習)ワークエクスペリエンス(企業研修)の禁止などを含め、中止になりました。
上記の改定に基づき、現状では、イギリスの多くのカレッジ・大学では、学生ビザもしくはワーキングホリデー(YMS)ビザ所持者の方に働く制度を一時停止しています。

■何でこうなったの?■
2009年4月にイギリス学生ビザ(Tier4 )申請が、ポイントベースになって依頼、南アジアや中国からの留学生が急増しました。これらの学生?は、ビザを悪用し、実際はバイト目的で、イギリスに出稼ぎに来ていたのです。
結果としてイギリスの労働者の就業機会が減ってきたのを憂慮して、英国の首相は、雇用省と移民局に学生ビザの見直しを命じました。その後、少しずつ厳しくなっています。
最近になって、ビザ取り学校の閉鎖、スポンサーライセンスの一時取り消し、バングラデッシュ、パキスタン、北インドなどからの学生ビザ申請をストップするなど、就労目的の留学生の締め出しが明らかになったのも、これらの理由です。


 
 
HOMEへ戻る UP
さまざまな留学コース
留学生の生活
知っておくと便利!
イギリス公立カレッジ連盟 日本事務局(株)ADF 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘27-1 エグゼクティブ渋谷 305号室
TEL:03-5428-0307 FAX:03-3462-6500
Copyright (C) イギリス留学・英国留学のイギリス公立カレッジ連盟 All rights reserved.
Copyright (C) 2011 ADF Inc. All Rights Reserved.